アバイド について

ジョセフとエイミー・トッティスは、カリフォルニア州ロサンゼルス出身です。二人は、カルバリチャペル・モンテベロ(CCM)で若者伝道の奉仕に関わっていた頃、出会いました。

ジョセフはCCMで7年間、青年部および宣教部担当の牧師として奉仕しました。

それ以前は、公立高校でコンピュー ター・グラフィックの教師をしていました。

(ジョセフのあかし: 「准牧師から)

エイミーは、テレビ・ジャーナリストとして、また、英会話教師として働いた経験があります。

(エイミーのニュースビデオ)

二人は2010年1月に結婚し、すぐ日本に移り住みました。東京で過ごした最初の6ヶ月間は、新婚生活と日本文化に馴染もうと努力の毎日でした。東京では、カルバリチャペル国分寺にて奉仕しました。

同年7月、大阪に移り、ジョセフは副牧師として大阪インターナショナルチャーチ(OIC)の奉仕に加わりました。

2013年9月にジョセフとエイミーは、幾人かの愛に満ちたサポーターの方々の祈りや奉仕、献金などの支援を受け、アバイド・カルバリーチャペル大阪を立ち上げました。

2014年5月には、ジョセフはOICとの契約期間を全うし、アバイド・カルバリーチャペル大阪の教会を建てあげるために専任の牧師として注意の全てを注ぎはじめました。

2014年6月に、開拓教会の成長と共に、私たちの最初の赤ちゃん、女の子が誕生し、それが“YOUは何しに日本へ?”という日本で有名なテレビ番組にて放映されました。

YOUは何しに日本へ? 2014年6月30日

2016年10月、第二の女の子が生まれ、教会は再び成長しました。

YOUは何しに日本へ? 2016年12月26日

ジョセフとエイミーはどのように会ったのですか? ここに長い話があります!

Screen Shot 2014-09-22 at 12.04.04 PM

二人はなぜ日本に来たのでしょう。想像してみてください。アメリカの人口の半分をカリフォルニア州に全員詰め込むのです。それが日本です。そこでは、クリスチャンは全人口の1%以下と言われています。

統計がそのことを物語ります。世界保健機構(WHO)によると、日本はハンガリーやリトアニアと並んで、過去60年間における自殺者数のもっとも多い国です。

大阪でも月に何度か「人身事故」で電車が止まったり遅れたりしますが、この統計を確証しているようです。

自殺は、完全に希望を失った結果と言えるでしょう。

希望をまったく失ってしまったら、何を望めばよいのでしょう。

しかし、キリストには希望があります。

ローマ 15:13 どうか、望みの神が、あなたがたを信仰によるすべての喜びと平和をもって満たし、聖霊の力によって望みにあふれさせてくださいますように。

 

Rachel Teague

Rachel grew up in Huntington Beach, California. She was raised in a Christian family, but in 6th grade she decided to fully trust in and believe in God.

Ever since her brother participated in an exchange student program in 2002, she has had an interest in Japanese culture. From there, God planted a seed which grew all the way into her college years. An Intercultural Studies major at Biola University, she felt called to return to Japan and see what God’s good plan is for her life.

After a short internship with Pastor Joseph, Amy, and Izumi at Abide, she was given a peace and a passion to come back to Osaka after graduating college in 2015. She is very excited and honored to get to work alongside other Christians who also want to share the hope and love of Jesus Christ here in Japan.

 

Contact

ダニエル・モーガン

ダニエル・モーガン氏は、NASA(米国宇宙開発機構)や宇宙航空カウボーイを拠点とする天文学の町として有名な、アメリカ合衆国、テキサス州のヒューストン出身です。クリスチャンファミリ-に育ち、5歳のある夜、神様の召命に答え、イエス・キリストを主と信じ受け入れました。

2004年、ダニエルは、ヒューストンバプテスト大学で、英文学と歴史学科の課程を修了し、卒業します。その後、2007年から一年間、来日し、西宮市のキリスト教会で英会話を教えました。この経験を通して、日本人への神様の御心を強く感じるようになります。

帰国後はテキサスで、日本の文化を学んだり、ヒューストン大学において、日本人や他国からの留学生コミュミティで奉仕したり、様々なESL教会ミニストリーをしたり、多岐にわたって貢献しました。また、2009年には、ローンスター大学でCELTA(一般成人への英語教育の資格)を修了・取得しました。その後、日米新聞「サザンジャーナル」に時折、執筆記事を掲載する傍ら、ヒューストン市の日米協会(JASH)と姉妹都市の千葉市の交換留学制度の活動に関わるようになります。この留学制度の支援活動の一環で、2010年、自身もまたアメリカ人中学生4名の付き添い人として、千葉市を訪れ、二週間ホームステイする経験をしました。

2013年、彼の母教会である(医療)センター内の教会から日本に派遣されることとなり、再来日し、大阪の教会でボランティア(アウトリーチ)活動と大学での宣教活動をはじめました。2015年にはその活動を修了し、大阪市の南地域に移り、アバイドカルバリーチャペルに来て、公園・路上での宣教活動を始めました。現在、ダニエルは、月二回、英語を習得したいと感じている日本人を自宅に招いて、人生の課題を深く掘り下げて語り合うインターナショナルの会を開いています。

ダニエルは、聖書研究、読み書き、スケッチ、写真、ハイキング、新しい場所の探検、演劇を通して、そして最近は弓道を通じて、多くの友を作り、日本人と外国人と福音を分かち合いたいという熱意をもって、それらの活動に取り組んでいます。

Contact


日本人

英語

神が私たちのフェローシップの上に与えてくださった働きの特徴を理解することは良いことです。もし、カルバリー・チャペルが、通りの向かい側にある教会とまったく同じであるのなら、両者はひとつになった方がよいでしょう。しかし、もし神が両者に与えてくださる特徴に相違があるのなら、神はそれぞれの特徴を生かそうとして、ご自分の広いご計画の中に置かれたのです。また、私たちの信仰とその実践の仕方について、多くの面で似ている教会が存在するのも事実です。私たちは、けっしてキリストのからだからはみ出したわけではありません。 ある教会は、聖霊の賜物とその働きが今日でも実際に存在すると信じています。しかし彼らは、聖書の教えを強調しないだけではなく、聖霊の体験に導くガイドラインとして聖書を見てはいません。一方で、多くの人々が聖書の教えを強調するのですが、聖霊の賜物が今日でも与えられることについては分かち合いません。 カルバリー・チャペルでは、みことばを教え、また聖霊の働きに心を開いています。このバランスこそがカルバリー・チャペルの特徴であり、だからこそ神から祝福された特徴あるムーブメントとなったのです。「なぜ神は私たちのグループを存在させ、成長させてくださったのか?」それを明らかにするために、聖書の原則を理解するのはとても大切なことです。

 

 

A Venture of Faith: The History and Philosophy of the Calvary Chapel Movement